ヨツユビハリネズミは、ハリネズミの一種です。

小さな身体と可愛らしい顔で、最近ではペットとして飼育されている方も多く、とってもメジャーになってきましたね。

今回は、そんなヨツユビハリネズミの寿命についてのお話です。

ヨツユビハリネズミの寿命は!?

ヨツユビハリネズミの平均寿命は、約5年~8年と言われています。

あくまで平均なので、もっと長く生きる個体もいれば、短命な個体も存在します。

上手に飼育すると10年ほど生きることができるようですよ!

分布域はヨーロッパやアフリカなどと幅広く分布しています。

日本にも生息していますが、自然分布ではなく、外来種として日本にやって来ました。

ヨツユビハリネズミは、産まれ持った身体の強さも関係しますが、飼育の仕方で平均寿命よりも短命にも長生きにもなります。

元々は暖かい(と言うか暑い)地域に生息していたため、寒いのがとっても苦手です。

ヨツユビハリネズミ 寿命

ですが、暑いところが得意と言う訳ではありません(笑)

サバンナなどに生息しているヨツユビハリネズミは、暑い日中は穴の中にこもり、涼しくなってくる夕方~夜に活動します。

暑すぎると夏眠をし、寒すぎると冬眠をします。

夏眠と冬眠の間は、何も飲まず、何も食べずの仮死状態になります。

本来は、夏眠や冬眠をしなくても問題のないヨツユビハリネズミは、他の冬眠する生き物のように、事前に貯えもしないので、身体に負担がかかってしまいます。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

ヨツユビハリネズミは、飼育の仕方次第でとっても長生きする生き物です。

ヨツユビハリネズミは、とっても臆病な性格のため、なつくと言うよりは慣れるといった表現の方がしっくり来るように思います。

飼育の際は、あまり急がず、ゆっくりと慣らしてあげてくださいね!

あまり触りすぎたりすると、ストレスが溜まって短命になってしまう可能性があるそうです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事