ヨーロッパバイソンは、ウシ科の生き物で、ヨーロッパに生息している野生の哺乳類の中で、一番大きい生き物だと言われています。

ウシ科と言うだけあって、身体ももちろん大きいですが、見た目が半端なく強そうです!

部分部分で見ると、つぶらな瞳に低い鼻で可愛らしい顔をしているのですが…

全体の雰囲気で見ると、とっても獰猛な雰囲気が出ています…

今回は、そんなヨーロッパバイソンの寿命についてのお話です。

ヨーロッパバイソンの寿命は!?

生息地は、森林やステップに生息しています。

ヨーロッパバイソンの寿命は、約25年と言われています。

最長寿命は、26年4か月という報告があります。

繁殖期は8月~10月に多くみられるようです。

妊娠期間は約9か月で、1回の出産に1頭の子供を出産します。稀に双子ちゃんが産まれることもあるようですよ。

産まれたばかりの赤ちゃんでも体重は25㎏ほどあります。

授乳期間は長く、7か月~12か月もあります。

性成熟は、オスメス共に3年~4年ほどです。

ヨーロッパバイソン 寿命

成長したヨーロッパバイソンの体長は、オスで2.5m~3m、体重は1.3tを超す個体もいます!メスは体長2.2m~2.8m、体重は700㎏ほどです。

メスのほうが少し小さめですね。それでも2m越えですが…

見た目は獰猛で怖そうなイメージですが、実は草食性です(笑)

ドングリや果実などが大好きです!とっても意外ですね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

実は、ヨーロッパバイソンの野生の個体は1919年にすでに絶滅しています。

現在生息しているヨーロッパバイソンは、野生のヨーロッパバイソンがまだ生息していた頃に保護し、各地域の動物園で飼育繁殖させたものです。

現在では、飼育繁殖させたヨーロッパバイソンを自然に還す試みが行われているようです。

うまくいくといいですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事