ハワイモンクアザラシっていうくらいだから、ハワイに住んでるの??

ん?でもハワイにアザラシなんか住めるの??

あ、でも文句言ってるのか?!

なんだか違和感が半端ない名前のアザラシです…

ハワイモンクアザラシは、本当にその名のとおり、ハワイにしか生息していないハワイの固有種で、アザラシの一種です。

今回は、そんなハワイのアザラシ、ハワイモンクアザラシの寿命についてのお話です。

ハワイモンクアザラシの寿命は!?

ハワイモンクアザラシの寿命は、約25年~30年と言われています。

体長は、オスで体長210cm、体重150㎏~200㎏、メスのほうが少し大きく、体長230cm、体重250㎏~270㎏になります。

出産は3月~5月が多いですが、12月~8月に出産します。

1回の出産で1頭の赤ちゃんを出産します。

基本的に、出産は2年に1回ですが、毎年出産することもあります。

授乳期間は約5週間~6週間です。

ハワイモンクアザラシ 寿命

ハワイモンクアザラシの生息地は、ハワイ諸島の砂浜や沿岸で、天敵が少なく、まさに楽園でした。(ハワイは人間にとっても楽園ですね!)

しかし、だんだんとハワイに住む人間が増えていき、環境が少しずつ変わっていきます。

19世紀には乱獲されてしまったり、20世紀に入ると、ハワイモンクアザラシの楽園に基地が建設されてしまったりと、楽園が崩壊していきました。

ずっと楽園で生活していたハワイモンクアザラシは、人間をとても警戒します。

人間がいるだけで子育てをしなくなってしまいます。

現在ではハワイモンクアザラシの子育て場所は保護されていますが、廃棄された漁業用の網にかかって命を落としてしまったり、サメなどの天敵に狙われてしまうなどで、数はあまり回復していません。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

現在のハワイモンクアザラシの生息数は推定1300匹~1400匹と言われており、絶滅の危機に瀕しています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事