コツメカワウソはカワウソの中でも一番小さなカワウソで、身体だけでなく、指先の爪も小さいことから、「コツメカワウソ」と名づけられたそうです。

コツメカワウソは、とても活発的な性格で、人にも良く懐くため、ペットとしても人気の高い生き物ですが、お値段もかなりお高く、飼育も簡単ではありません。

ですが、その可愛さは一度見るとトリコにさせられてしまいます!

今回は、そんなコツメカワウソの寿命についてのお話です。

コツメカワウソの寿命は!?

コツメカワウソ 寿命

コツメカワウソの寿命は約11年~16年と言われています。

最長寿命は飼育下で23年という報告があります。

一夫一妻で、コツメカワウソは夫婦の絆がとても強いと言われています。

妊娠期間は約60日前後で、1回の出産に1匹~6匹の子供を産みますが、2匹が多いようです。

コツメカワウソは、産まれたときは目を閉じていますが、目が開くまで40日ほどかかります。

授乳期間3か月ほどで、成長したコツメカワウソの体長は40cm~65cm、体重3㎏~6㎏ほどにしかならない小型の生き物です。

愛嬌のある顔に、身体の小ささも人気の理由ですね!

遊ぶことが大好きで、獲物を捕まえる以外にも水の中で泳いで遊んだり、川岸で遊んだりもします。

人にもとっても良く懐くことから、マレーシアなどでは伝統漁でコツメカワウソが使われたりもしているそうです。

生息地はインド、バングラディシュ、ミャンマーなど、広く分布しています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

コツメカワウソはとっても活発で好奇心旺盛な性格から、水田に入り込んで遊んだりすることもあり、地域によっては害獣扱いされてしまい、捕獲されることもあるようです。

そのため、天敵が少なく、とても広い範囲に分布しているにも関わらず、生息数が減少しています。

現在では、レッドリストに指定されています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事