アメリカミンクは、イタチ科の仲間です。

アメリカミンクの毛は非常に柔らかくて軽く、肌触りも良いため、毛皮などに用いられることが多く、コート1着作るためにミンク30匹以上の毛皮が必要と言われています。

最近では、人間の見栄のために犠牲になっている生き物を少しでも救おうという風潮が強くなり、そういった活動が多くなってきましたね。

アメリカミンクは寿命をまっとうできればどれくらい生きられるのでしょうか?

今回は、アメリカミンクの寿命についてのお話です。

アメリカミンクの寿命は!?

アメリカミンクの寿命は約3年~5年と言われています。

最長で7年という報告があります。

海岸などの水域に生息していて、その周辺の木の根や岩場に巣を作ります。

見た目が黒っぽく、カワウソと勘違いされることも多いようです。

アメリカミンクは、名前のとおり元々はアメリカから原産の生き物ですが、

毛皮目的の飼育のために色んな国に輸入されるようになったため、生息地はかなり広く分布しています。

日本には1920年代に入ってきたと言われています。

体長は36cm~45cm、体重は0.7㎏~1㎏と非常に小さい生き物です。

こんな小さい生き物で人間のコートを作ろうなんて…

コート1着につき30匹以上の命が犠牲になってしまうんですね…

初めて養殖地とされたのが北海道ですが、1960年代には、飼育されていたアメリカミンクが逃げ出し野生化してしまい、その個体が繁殖し、漁業や林業、その他日本特有の個体の生存を脅かすなど、色々な問題となっています。

その他、飼育施設から脱走させる団体や個人も存在しています。

日本では、狩猟獣とされています。

アメリカミンク 寿命

まとめ

スポンサードリンク

いかがでしたか?

現在、日本では野生のアメリカミンクは特定外来種に指定されており、飼育を行うにあたっては飼育許可が必要となっています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事