ケープハイラックスは、リスのようなウサギのようなモルモットのような…

とても小さくて可愛らしい生き物です。

見た目は小さくて、可愛らしい生き物ですが、原始的な特徴を持った有蹄動物で、どちらかと言うと、ゾウに近い動物と考えられています。

可愛らしい外見とは程遠いですね!

今回は、そんなケープハイラックスの寿命についてのお話です。

ケープハイラックス 寿命

ケープハイラックスの寿命は!?

ケープハイラックスは体長40cm~55cm、体重2.5㎏~5㎏ほどの小さな生き物ですが、寿命は野生下で約10年、飼育下では約15年と言われています。

こんな小さな生き物で10年を超えるなんて、とても長生きに感じますね!

生息地は、サバンナや砂漠地帯などの過酷な環境!すごい生命力だと思います。

しかも小型なため、ライオンやジャッカルだけでなく、蛇やフクロウなど、天敵が非常に多いにも関わらず…

ケープハイラックスは、一夫多妻で、繁殖時期は雨期に多いようです。

妊娠期間は約6か月~8か月で、1回の出産に1匹~6匹の子供を産みます。

2匹~3匹が多いようです。

ケープハイラックスの妊娠期間は、小型の哺乳類動物の妊娠期間にしてはとても長いほうで、妊娠期間が長い分、産まれてくる赤ちゃんは、出生直後に目が開いて、毛も生えそろって産まれてきます。

しかも、生後2日目でジャンプできるというから驚きです!

産まれたばかりの赤ちゃんの体重は170g~250gです。その大きさでジャンプできるなんて…身体能力が非常に高いのでしょうね(^^;

オスメスともに、1年半ほどで性成熟し、3年ほどで大人と同じ大きさにまで成長します。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

ケープハイラックスは、今のところは絶滅の危機などにさらされていませんが、一部の地域では、食肉用として捕獲されています。

イスラエルでは保護動物に指定されているようです。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事