アマゾンカワイルカは、その名前のとおり、アマゾン川に生息するイルカです。

別名が多く存在し、身体がピンク色をしていることから、「ピンクイルカ」「ピンクネズミイルカ」と呼ばれたりします。

身体がピンク色…想像ではとっても可愛らしいイルカを想像してしまいますが…

想像と実物は違いますね(^^;興味のある方は是非検索してみてください(笑)

アマゾンカワイルカは、3500年前の原始的なクジラと同じ特徴があるため、生きた化石とも言われています。

今回は、そんなアマゾンカワイルカの寿命についてのお話です。

アマゾンカワイルカ 寿命

アマゾンカワイルカの寿命は!?

アマゾンカワイルカの寿命は、詳しくは分かっていないため、信ぴょう性に欠けますが、飼育下で10年~26年と言われています。

成長したアマゾンカワイルカのオスは、体長約2.8m、メスで約2.3m、体重100㎏~160㎏にもなります。カワイルカの中でも最も大きい種類です。

口ばしがとっても細長く、前の方の歯は尖っています。これは、食べ物を咀嚼するというよりもエサなどの獲物を捕らえるために使われているようです。

生活形態は、単独もしくは2頭で行動することが一般的ですが、3頭以上で行動することも多く、とても稀ですが、20頭以上の群れで活動する例もあります。

ほとんどのカワイルカは絶滅の危機に瀕していますが、アマゾンカワイルカに至っては、カワイルカの中でも生息数が安定しています。

生息地がアマゾンと言うだけあって、容易に調査ができないため推測になりますが、全生息数は数万頭と言われています。

ですが、とても数が多いと言う訳ではなく、2006年のレッドリストにおいては、脆弱とされています。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

アマゾン川なんて、ワニやピラニアなど、たくさんの獰猛な生き物が生息している中にイルカが生息しているなんて、とても不思議な感じがしませんか?

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事