アカハナグマは、外見だけでなく名前もアナグマとよく似ていますが、アナグマはイタチ科に属し、今回お話させていただくハナグマはアライグマ科に属する生き物です。

アライグマのようにとっても可愛らしい顔をしているだけでなく、人懐っこいと言われており、ペットとしても飼育可能なので、人気があります。

今回は、そんなアカハナグマの寿命についてのお話です。

アカハナグマ 寿命

アカハナグマの寿命は!?

アカハナグマの寿命は、野生下で7年~8年飼育下では14年程度と言われていますが、最長寿命は17年という個体も報告されています。

きっととっても大切に育てられたのでしょうね!

アカハナグマは一夫多妻で、繁殖期は地域によって変わりますが、その生息地域の果実がよく実る時期に多いようです。

妊娠期間は74日程度で、普段群れで生活していますが、出産3週間~4週間前になると群れから離れて、洞窟などに巣作りをし、単独で出産します。

1回の出産で3匹~4匹出産しますが、個体によっては7匹も出産します。

産まれたばかりの赤ちゃんは、体重50gほどととても小さく、生後10日ほどで目が開き、3週間ほどで歩けるようになります。

授乳期間は約4か月で、2年ほどで性成熟し、オスは独立した生活を始めていくため、群れから出ていきます。

赤ちゃんは、歩けるようになるまでは母親と巣で生活します。

歩けるようになると、母親は子供を群れに連れていき、その群れで生活します。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

アカハナグマは、人懐っこくペットとしても人気がありますが、実はとっても鋭い爪とキバを持っているため、噛まれたり引っかかれてしまうと大怪我をしてしまう可能性があります。

動物園などでも飼育されていることが多く、ふれあうこともできる動物園もありますが、くれぐれも注意してくださいね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事