バイカルアザラシは、ゴマフアザラシと同様、小型のアザラシですが、名前のとおり、バイカル湖に生息しています。

え?海じゃなくて湖!?

そうなんです!バイカルアザラシは、世界で唯一淡水に生息するアザラシとして知られています。

特徴はとっても大きな目!

水中で視界を頼りに獲物をさがすためだと言われています。

今回は、そんなバイカルアザラシの寿命についてのお話です。

バイカルアザラシ 寿命

バイカルアザラシの寿命は!?

バイカルアザラシの寿命は、他のアザラシよりも長く、50年以上と言われています。

飼育下での最長寿命は、鳥羽水族館の33歳が報告されています。

バイカルアザラシは普段は単独で生活していますが、繁殖時期になると、オスはハーレムを作ります。

一夫多妻制で、メスの妊娠期間は約9か月です。

出産時期は2月~3月ごろ、1回の出産で1頭(稀に双子)を出産します。

産まれたばかりの赤ちゃんの体重は約4㎏~5㎏です。

生後2か月~3か月の間は、氷に掘られた穴の中で生活し、その期間は授乳をされます。

そのあと徐々に甲殻類や魚などを食べられるようになっていきます。

大人になると、大きい個体のものでは150㎏にもなると言われています。

オスは4年~7年、メスは3年~6年で性成熟すると言われています。

小型のアザラシと言っても、150㎏にもなるなんてビックリですね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

唯一湖に住むアザラシ。

天敵はシャチなどではなく、「ヒグマ」ですが、ヒグマに狙われるよりも人間が毛皮や食肉目的の乱獲や、人間の釣具による事故、環境破壊などによる減少のほうが多いです…

一時期は準絶滅危惧種として指定されていましたが、現在では「少なくとも懸念」とされていて、その生息数はなんとか持ち直しているようです。

ですが、まだまだ安心はできません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事