オセロットって、あまり聞きなれない名前の生き物ですよね。

名前だけ聞いてもほとんどの方が想像できないと思います。

オセロットはネコ科の生き物で、メキシコやウルグアイ、アルゼンチン北部に生息している小型のヤマネコの一種です。

熱帯雨林の奥深くに生息していたり、草原やマングローブ林など、はたまた集落にまで姿を現したりとさまざまな環境に適した生き物です。

今回は、そんなオセロットの寿命についてのお話です。

オセロット 寿命

オセロットの寿命は!?

オセロットの寿命は野生下で約7年~10年と言われていますが、飼育下では寿命が20年も超す個体も確認されています。

やはり野生の過酷な環境では短命になってしまうんですね。

オセロットはとても美しい模様をしており、ヒョウのような柄とトラのような柄を両方持っています。

毛並みもとても美しく、見る人を魅了すること間違いなしです!

熱帯に生息している個体の繁殖時期は定かではありませんが、ウルグアイなどに生息している個体の繁殖時期は秋~冬の出産が多いとされています。

妊娠期間は70日~80日で、1回の出産に1匹~4匹出産します。

産まれたばかりの赤ちゃんの体重は、や250gほどで、とても小さいです。

生後2週間ほどで目が開き、生後2か月~3か月で親と一緒に狩りに出るようになります。

1年~1年半で大人になり、この頃になると、親元から離れて自分の縄張りを持つようになります。

成長した個体の大きさは、体長64cm~120cmになります。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

オセロットはとっても美しいヤマネコのため、その毛皮を狙った乱獲などにより、数が減少しています。

ワシントン条約で保護されていますが、森林伐採などによる生息地の減少などといったこともあり、あまり成果は上がっていないようです。

国によっては、絶滅危惧種として指定している所もあります。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事