聞きなれない名前の生き物ですが、シカってことだけはわかりますね(笑)

アクシスジカは、見た目はニホンジカとほとんど変わりません。

逆にどこが違うかも分かりません(笑)

大きさもニホンジカとほぼ一緒で、たいした差はないです。

しいて言うなら…アクシスジカの方が綺麗な赤褐色をしているような気がしますが、奈良や宮島に居ても違和感ないです!

今回は、そんなアクシスジカの寿命についてのお話です。

アクシスジカの寿命は!?

アクシスジカの寿命は、野生下で8年~14年程度と言われています。

飼育下での寿命は15年~20年程度です。

生息地はインドやスリランカ、ブータンなどの草原や森林地ですが、近年ではオーストラリアやアルゼンチンなどにも生息しており、外来種として移入定着しています。

ザンネンながら、日本には生息していません…

ニホンジカと見た目が変わらないと言いましたが、アクシスジカは白の斑点がシカの中で最も美しいシカと言われています。

ですが、素人目には分かりません(笑)

アクシスジカ 寿命

繁殖時期は4月~5月に多く見られますが、決まった繁殖期は見られません。

妊娠期間は7か月半ほどで、1回の出産に1頭~3頭の赤ちゃんを出産しますが、ほとんどが1頭です。

産まれたての赤ちゃんの体重は3㎏ほどと、人間の赤ちゃんとほとんど変わりません。

授乳期間は4か月~6か月ほどで、メスは14か月~17か月で性成熟しますが、オスはちょっと遅れて、30か月程度で性成熟します。

大人に成長すると、メスよりもオスの方が大きくなります。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

アクシスジカは日本には生息していませんが、定着してしまうとニホンジカと交雑する恐れがあるため特定外来生物に指定されており、日本への持ち込みが禁止されています。

生息していなくて良かったんですね!

アクシスジカは、愛知県の東山動物園で見ることができるので、機会があれば是非足を運んでみて下さい!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事