昔から人をだます妖怪として扱われる動物のキツネですが、どんな生活を送っているのか知っていますか?今回はキツネの寿命について調べてみました。

 

食肉目(ネコ目)イヌ科に分類されます。

草原や森林をはじめ、砂漠から北極圏までどんな環境にも対応して住み着くことができます。生息地によって数種類のキツネに分かれています。

体長は24~90cmです。雑食性でネズミやウサギ、鳥、魚、昆虫、果物などを食べます。

日本には、北海道にはキタキツネ。本州、九州、四国、淡路島にはホンドギツネが生息しています。アカギツネは食肉類の中で最も分布が広く、砂漠から北極圏まで、どんな環境でも生活できる適応力を持っています。

キツネ 寿命

キツネの寿命は!?

野生のキツネは約10年生きるといわれますが、ほとんどが狩猟や病気、事故が原因で2~3年しか生きられません。飼育下では最長で15年生きた記録もあります。

スポンサードリンク

まとめ

キツネの生態でした。

よく人を騙すといわれますが、自然界でもその知高い知能を使って、逞しく生きてるんですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事