ミズダコはタコの中でも最大で、今まで確認されている最大の記録はなんと9m!!

マダコの体長が約60cmほどなので、比べると大きさの違いは歴然です。

大きいミズダコは、ダイバーに絡みついてそのまま溺死させたという話や、サメを捕食したという報告もあります。

西洋では「デビル・フィッシュ」と恐れられています。

タコ…怖い…

ミズダコの身体は、やわらかい筋肉でできているため、身がやわらかく、食べても水っぽいため「ミズダコ」と名付けられたそうです。

食べたことはありませんが、名前に付けられるくらいなのですからよっぽど水臭いんでしょうね(笑)

今回は、大きくても味は淡泊なミズダコの寿命についてのお話です。

ミズダコ 寿命

ミズダコの寿命は?!

ミズダコの平均寿命は約3年~5年と推定されています。

他のタコ達の平均寿命は約1年~2年と言われているので、大きさだけでなく、寿命もタコ界では最長寿命の生き物です。

ミズダコは日本の太平洋にも生息していますが、冷たい水を好むため、北の方にしか生息していません。

私たちはあまり見る機会はないですが、漁師の方々は捕まえたり、食べる機会もあることでしょうね。

ミズダコのメスは交尾後に出産し、母ダコは絶食して卵を命がけで守ります。

そして、孵化するのを見届けた後、その生涯に幕を下ろします。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

あの大きさなら、10年ほど生きるような気がしてたんですが(^^;

ミズダコは他のタコより寿命が長いだけでなく、なんと知能も高いのです!

瓶のフタを開けたり、迷路をすることもできます!

他にも、道具を使う例もあります。貝殻を盾のように使うこともあります。

道具を使う無脊柱動物は唯一タコだけです!

大きさ・寿命・知能…

ミズダコって、とってもすごい生き物だったんですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事