ピラルクーはアロワナの仲間で、アマゾン周辺に生息しているとっても大きな淡水魚です。

世界で一番大きい淡水魚とも言われています。

ピラルクーは、ウロコがとっても特徴的で、丸っぽいウロコがとても綺麗です。

約1億年前からその姿はほとんど変化していないので、「生きた化石」とも言われることもあります。

アロワナと同様、飼育することもできるので、とっても人気の高い魚です。

今回は、そんなピラルクーの寿命についてのお話です。

ピラルクー 寿命

ピラルクーの寿命は?!

ピラルクーの平均寿命は約15年です。確認されている最長寿命は20年と、とっても長生きする魚です。

繁殖は、オスとメスが協力しあって卵や稚魚のお世話をします。

稚魚は水面に群れをなして泳ぎ、両親がその下から見守ります。

育児に協力的な旦那さまって素敵です!!

ピラルクーは肉食性で、主に小魚などを食べて大きくなりますが、稚魚は食欲旺盛なため、成長は早いです。

ピラルクーの成魚の大きさは、平均2m~3mですが、確認されている最大の大きさはなんと5m超!!そんな大きなものが川にいるなんて、アマゾンってすごい!

生息地では、古代から食用として重宝されてきましたが、現在では数が減少し、ワシントン条約で保護指定されています。ですが、現地の市場では食用としてピラルクーの肉が販売されているようです。

見た目はともかく、白身魚で淡泊な味のイメージです。食べたことはないですけどね(笑)

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

アロワナと同様、観賞用として人気の高いピラルクーですが、長生きなところはありがたいですが、ここまで大きくなると大変ですね(^^;

ジャンプ力にも優れているので、誤って水槽から飛び出てしまうこともあるそうです。

生息地周辺ではジャンプしたピラルクーと人間がぶつかって死亡した例もあるそうです。

これだけ大きな巨体がぶつかってきたら危険ですね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事