ナンヨウマンタって何!?って思われた方、とっても多いと思います。

ナンヨウマンタは2009年に登場した比較的新しい種類のマンタです。

従来は、マンタは1種類とされていましたが、(オニイトマキエイ)実は2種類いたことが判明!

それがナンヨウマンタです!

科学や研究が進んでいる中で、新しい種類が発見されるのはとっても嬉しいですね!

見分け方としては、口元の色!

ナンヨウマンタは白・もしくは灰色ですが、オニイトマキエイの口元は黒っぽい色をしています。

その他には大きさです。

ナンヨウマンタの方が小さく、最大で5m。オニイトマキエイは最大で6m以上になります。

今回は新たな種類のナンヨウマンタの寿命についてのお話です。

ナンヨウマンタ 寿命

ナンヨウマンタの寿命は?!

ナンヨウマンタの平均寿命は約40年と推定されています。

繁殖や生態に関してもまだまだ不明な所が多い生き物です。

繁殖は卵胎生で、1回に1匹~2匹出産します。

産まれたばかりの赤ちゃんでも体長は1m以上、体重は50kgを超えています。成長も早くすくすく育ち、約10年で大人になります。

ですが、詳しい産卵場所や時期などは分かっていません。

たまに群れを作って泳いでいる姿が目撃されていますが、こちらは天敵から身を守るために群れを作っているのではなく、繁殖のためだと考えられています。

大きいナンヨウマンタには、天敵はほとんどいないためそういう必要がないんですね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

ナンヨウマンタはまだまだ未知な部分が多いので、これからの研究に期待されています。

美ら海水族館で世界初の飼育下での出産が報告され、これからの研究に期待されましたが、生まれて数日で亡くなってしまいました。

オニイトマキエイと同様、とっても穏やかで人懐っこい性格をしているので、ダイバー達にも人気の魚です。

機会があれば一緒に泳ぎたい!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事