ピラニアはアマゾン川に生息している肉食の獰猛な魚として知られていますよね。

ピラニアは元々草食系の生き物でしたが、進化の過程で肉食になった生き物です。なので、本来はとても神経質で臆病な性格なので、その性格は肉食に変化した現在でも変わらず、基本的には自分より大きい生き物は襲わないです。襲うどころか、自分より大きい動物を見ると逃げて行くことが多いようです。

ですが弱っている動物や、出血がある動物には襲いかかります。

ケガした状態でピラニアの近くに寄るのは大変危険ですね!

今回は、そんなピラニアピラニア 寿命

ピラニアの寿命は?!

ピラニアの平均寿命は約5年~10年と言われています。

報告されている最長寿命は20年とかなり長生きする生き物です。

ピラニアは体長15cmほどの種から、大きいものでは60cmにも成長する種のものもいます。一言にピラニアと言っても、その種類は30種類もいます。

基本的には自分より小型の生き物や魚、川で死にかけている生き物や死んでからあまり時間の経っていない動物を食べて生活しています。

臆病な性格で、自分よりも大きい動物は襲いませんが、血の臭いや水面を叩く音に敏感に反応し、群れ全体が興奮状態になってしまうと群れで攻撃してきます。

群れはほとんど移動しないため、乾季になると干潟に取り残され、アヒルやカメなどのエサになっています。

ピラニアは、たんぱく質がとっても豊富で現地では食用として用いられています。

ピラニアの歯はとっても鋭く、切れ味もいいため、散髪に使われたりしています。

文明が発達していない地域なこともあり、ピラニアの歯は昔から刃物として使用されてきました。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

ピラニアは小さい身体でとっても長生きする生き物でした。

実はピラニアって飼育可能な生き物なんです。

ですが、水槽の中に手を入れて作業する際はくれぐれも注意が必要です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事