脂が乗っていて濃厚な味の戻りカツオ。

さっぱりしている初カツオ。

どちらもタタキにしていただくと、とっても美味しいですね。

カツオにはとっても栄養があり、ビタミンB群や、鉄、ナトリウムなど多く含んでおり、タタキに使われる玉ねぎやニンニクは、カツオの栄養を吸収するのに良いとされています。

それ以外にも、頭にいいDHAや血中コレステロールを抑える不飽和脂肪酸などなど。

美味しいだけじゃなく、栄養面もばっちりなんて、なんて素晴らしいのでしょう!

カツオは昔から大人気でしたが、とても高級だったようです。

江戸時代では、初カツオを食べると寿命が延びるとされていましたが、こういった栄養の面からでしょうか?

初カツオを食べると長生き?じゃ、カツオの寿命はどんなものなの?

気になりますよね?

今回は、カツオの寿命についてのお話です。

カツオ 寿命

カツオの寿命は?!

カツオの平均寿命は約10年です。魚にしてはご長寿なようです。

カツオは1歳~3歳くらいまでは、水温の低い所で回遊し、その後、赤道付近の暖かい所で群れを作り生活します。

カツオの平均的な大きさは40cmほどですが、大きいものでは80cmにもなるそうです!

カツオの産卵場所は特定されていませんが、赤道付近の南方、フィリピン沖やモルディブ周辺が有力だとされています。

1回の産卵で、なんと30万個~100万個も産みます!

水温が27℃という条件で約25時間経過したあと、孵化します。

カツオの稚魚は、水温が25℃以上の海だったら世界各国、どこでもいるそうです。

スポンサードリンク

まとめ

 いかがでしたか?

カツオは魚にしては長生きする生き物です。

お値段もカンパチなどと違い、比較的お求めやすいです。

こんなに色んな栄養がある食べ物も珍しいですよね。

カツオに含まれるアンセリンには疲労回復の効果もあるそうです。しかもこれ、カツオ節でも効果があるのだとか!

カツオの命をいただいて、健康を維持しましょう!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事