とても勇ましく華麗に空を舞う姿が美しい鷹。惚れ惚れします!

家紋に鷹の羽が使われたり、平安時代では鷹の糞が薬として使用されたり、優れた狩猟能力を持っているため、多くの国で鷹狩に使われてきました。

大昔から人間と関わりがあります。

このように、大昔から人間の生活などに関わりがあります。

皆さん、鷹、鷲の違いってご存知ですか?

実はすべてタカ目タカ科の動物で、見分けが非常に難しいです(^^;

タカ科の中で、比較的大きくて足が太いものを「鷲ワシ」

タカ科の中で、比較的小さくて足と尾が長いものを「鷹タカ」と呼んでいます。

なんとも大ざっぱです(笑)

こちらはあくまで目安で、鷲でも小さい種類のものもいますし、逆に鷹でも大きいものもいます!

今回は、そんな鷹の寿命についてのお話です。

鷹 タカ 寿命

鷹の寿命は?!

鷹の平均寿命は約30年~70年です。

かなり差がありますね。

小さい頃に捕食されてしまったり、不慮の事故などで若くして命を落としてしまうということも寿命の開きの理由としてありますが、実は、それだけではありません。

鷹は40歳あたりで人生最大の選択をしなければなりません。

鷹は、40歳あたりから、爪の老化が始まり、くちばしはもろくなり、羽がは分厚くなって空を飛ぶのも難しくなります。

鷹の老化が40歳あたりを境目にはじまります。

ここで人生最大の選択が迫られます。

・このまま何もしないで寿命を迎える。

もう一つは…

・生まれ変わる

です。しかし、簡単には生まれ変われません。

スポンサードリンク


自ら長く伸びてもろくなったくちばしを岩にぶつけてそぎ落とし、くちばしが再生したら今度は、新しくて強くなったくちばしで爪を剥がし、新しい爪が生えてきたら、今度はその爪で、分厚くなった羽をむしり取ります。

もちろん、どれも激痛です!想像だけでも痛いです!

生まれ変わる事を選んだ鷹だけが、また新たに30年~40年ほど生きることができます。

まとめ

いかがでしたか?

長生きするために、とてつもなくツライ選択をしなければ生きられませんが、乗り越えたら、新たに今まで生きてきたのと同じ時間を生きることができますが…

鷹の寿命の開きはこういった理由もあったんですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事