とっても可愛らしい仕草や、白と黒の模様も愛らしいパンダ。

動物園でも人気者ですね!

パンダって、ずーっと笹を食べているイメージですよね?

実は笹にはほとんど栄養がなく、生きていくために必要な栄養を取るためにはずーっと食べ続けていないといけないんです!

それなら…もっと栄養あるもの食べればいいじゃん?!

って思いますが…そういったちょっとヌケたところも「THE・パンダ」って感じでどこか憎めないですよね(笑)

今回は何をしても愛くるしいパンダの寿命についてのお話です。

でも、あの模様でたれ目に見えているだけで、実はパンダの目つきって結構怖いんですよね(笑)

パンダ 寿命

パンダの寿命は?!

パンダの平均寿命は、野生で約14年~20年です。飼育下では約30年です。

動物って、大きさと寿命が比例していると言いますが、パンダは大きさの割に寿命が短いなーって思いました。

以前は生息数が少なく、絶滅危惧種に指定されていたパンダですが、着実に増加しており、2014年までの約10年間で17%増加しています。

2003年には約1600頭だったパンダですが、2014年には約1850頭となっています。

そして、2016年9月になんと!絶滅危惧種指定から解除されました!

スポンサードリンク

現在、環境破壊や温暖化などで色んな動物が絶滅危惧種に指定される一方で、こういったニュースはとても嬉しいですね!

これからどんどん数が増えていって、少しでも寿命を全うできるパンダが増えていくことを祈りたいですね!

まとめ

いかがでしたか?

パンダの寿命についてのお話でしたが、笹じゃなくてもっと栄養がある草を食べたらもっと長生きするんじゃない!?って勝手に思っております(笑)ちょっとアシタバとかモロヘイヤとか食べさせてみたい…(笑)

笹以外食べないのかな~。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事