近年の猫のペットブーム到来で、猫を飼う家庭が増えたり、猫カフェがあちこち出来たりするのを目にします。

猫には犬とはまた違った独特の魅力があって、ひとたび魅せられると深くはまってしまうようです。ふだん無愛想なオジさんが猫の話になるとたちまち熱くなって口角泡を飛ばして語りはじめるといった場面に遭遇することが時々あります。猫は不思議な動物ですね。そんな猫ですが、寿命はどんなものでしょうか。

猫 寿命

猫の寿命は?

ちょっと前までは家ネコ10年、外ネコ5年と言われていましたが、実際のところどれほど伸びているのしょうか。

日本ペットフード協会が2015年に発表した日本の猫の平均寿命は15.75歳でした。2010年の平均寿命が14.4歳なので、ここ5年だけで1.35年寿命が伸びてます。

また「家の外にでる猫」は14.22歳 「家の外に出ない猫」は16.40歳と差があります。外に出る事により事故にあったり、病気に感染してしまうことがあります。長生きしてもらうためにも、極力室内飼いのほうがよさそうですね。

オスメスの差からみた平均寿命はというと、ペット保険会社の2013年のデータではオス猫の平均寿命が14,3歳に対してメス猫は15,2歳でした。人以外でも哺乳類は女の寿命の方が長い傾向があります。

その他に、長毛より短毛、純血より雑種の方が長生きするという結果がしばしば報告されています。

スポンサードリンク

猫年齢の人間換算

猫の年齢を人間で換算すると何歳にあたるかということ。これもしっかりつかんでおくことが大切ですね。猫も飼い主もともに年を重ねていきますが、少なくとも飼い主の方が元気なうちに猫の寿命の終焉を受け止めてやれるくらいの見通しをもって飼うべきだと思います。

猫の年齢を人間換算する方法は、1歳で18歳、それ以降は1年を4歳として換算する方法です。すなわち、18+(年齢ー1)×4=人間換算年齢

猫はふつう7歳から高齢期に入ると言われています。平均寿命は15.75歳と伸びましたから、一生の半分以上は高齢猫として過ごすことになります。飼い主のみなさんには最期まで愛情あるケアを施してもらいたいものです。

まとめ

医療の進歩や、飼育環境、キャットフードの質の向上などに寄って今後も猫の寿命は延びていくことでしょう。キャットブームが一時のもとして終ったりしないで、いつまでも家族の仲間として愛情を注いでいってほしいと思います。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事