イルカショーでお馴染みのハンドウイルカ。ん?ハンドウ?バンドウイルカじゃないの?

と思われた方、どちらも正解です!

元々はハンドウイルカという名称でしたが、バンドウイルカという名前が新しく作り出され、現在では水族館などでは「バンドウイルカ」と呼ぶのが主流ですが、学会などでは「ハンドウイルカ」と呼ばれています。ハンドウイルカは人間とコミュニケーションが取れる不思議な動物です。

ハンドウイルカ 寿命

サメから人間を助けたという話もありますね。大人しく優しいと思われがちなハンドウイルカですが、実は攻撃的な一面を持っており、繁殖期にはメスをめぐってとても激しい抗争が繰り広げられることもあります。

また、自分を攻撃してくるサメと戦闘することも知られており、大型のホホジロザメを単独で攻撃し、殺害したという話も多くあります。自分からむやみに攻撃することはありませんが、怒るととっても怖いということですね(^^;

 

ハンドウイルカの寿命は?!

メスの寿命は約40年です。オスの寿命はメスよりも短く、約30年。オスの方がメスよりもストレスが多く、30年生きる物は稀だそうです。

スポンサードリンク

ただし、こちらの寿命、現在の年齢を推定し、何年か追跡して全体の寿命を割り出す。という大変アバウトな方法で算出されています。なぜなら、ハンドウイルカの生息範囲はとても広く、広範囲の海洋を移動しながら生活しているため、ハンドウイルカの追跡調査は非常に困難だからです。

なので、あまりアテにならないと思います(笑)研究者の今後の活躍に期待したいですね。

まとめ

いかがでしたか?イルカの寿命はかなりアバウトですが、これだけ文明が進み、何でも知ることが出来る現代でも分からないなんて、なんだか素敵だとおもいませんか?自然界にはまだまだ未知の世界が広がっていると思うとワクワクしてきますね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事