世界一大きい鳥、ダチョウ。身長は2メートル、体重は100キロを超えます!鳥なのに飛べません。それだけ大きい体だからか、飛べないのも納得です(^^;

逆に、こんな大きな鳥が空を飛んでいることを想像すると…怖いです…おちおち買い物にも行けません。

ダチョウ 寿命

飛べない代わりに脚力が非常に優れており、最高時速は70キロで走ることができます!野生のダチョウは主にアフリカで、サバンナや砂漠地帯に生息していますが、環境順応力が高く、日本でも数多く飼育されています。動物園などでも見かけますね!

少しズレますが、馬や牛ほど適してはいませんが乗ることも可能です。動物園などで乗馬(?)体験できるところもありますので、機会があればぜひ体験してください。今回はそんなダチョウについてのお話です。

ダチョウの寿命は?

ダチョウのオスは黒色で、メスは茶色がっかた褐色になっています。他の動物はオスとメスとで寿命が異なりましたが、ダチョウはそうではないようです。ダチョウの寿命は野生で約50年~60年といわれています。

最高寿命として報告されているのは80年と、とても長生きな鳥です。ダチョウは、飼育下の方が野生のダチョウよりも短命な傾向にあります。飼育での最高寿命は多摩動物公園の22年5か月です。

スポンサードリンク

詳しい原因は分かっていませんが、ストレスや運動不足、エサなどが原因と考えられています。飼育された環境よりも、過酷な自然の中での方が長生きする動物は珍しいと思います。生まれ育った環境がダチョウにはいいのでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ダチョウは、砂漠やサバンナといった過酷な環境の方が長生きするなんて…不思議ですね。

先ほどちらっとお話しましたが、ダチョウで公道を走る場合、馬と同じ軽車両扱いになると思いますが、実例がないので分かりません。そもそも公道を走っていいのかも疑問です(笑)必ず事前に確認してくださいね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事