ジョーズでお馴染みの凶暴な人喰いザメから、体は大きいけどとっても温厚なジンベエザメ、体長わずか22センチと最小のツラナガコビトザメまで色々な種類のサメがいますが、世界には約500種類のサメが生息しています。

そのなかでも、ジョーズのように人を襲うサメはわずか1割ほどで、確実に人を襲うサメは約4種類しかいないそうです。サメ=ジョーズという、超危険な生物だと思っていたので驚きです!今回はそんなサメの寿命についてのお話です。

サメ 寿命

サメの寿命は?

サメも種類により寿命は異なりますが、平均して約70年~100年~だと言われています。最近では北太平洋に生息するニシオンデンザメという種類のサメの年齢が判明し、脊柱動物最長年齢と発表されました。

皆さんは何歳くらいだと思いますか?その驚くべき年齢とは!?

なんと!!約400歳だそうです!!二匹発見されましたが、一匹は約335歳、もう一匹は約395歳と桁外れです。ニシオンデンザメの平均寿命は少なくとも272歳と見積もられています。

スポンサードリンク


400年前…

日本では江戸時代初期です。豊臣秀吉が死亡し、徳川家康が将軍となった頃でしょうか。あまり詳しくないので、大雑把ですいません(^^;

そんな時代から生きているなんて…地上では400年というとかなり歴史や文明が移り変わっていますが、海の中はどうなのでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?今回はサメの寿命のお話でしたが、全体的に平均寿命がとても長いです。それを優に超え、平均寿命の約4倍ほど生きるサメがいること。ニシオンデンザメは大人になるまで約150年かかると言われていますので、他の種類のサメが寿命を迎える頃でもまだ子供です。海の中の世界はロマンがたくさんありますね!

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事